So-net無料ブログ作成

映画ノアを観た感想とハーマイオニーの出産 [映画]

映画ノアを観てきました。


作品全体や主演のラッセルクロウ、ハーマイオニーなどについて書きます。


スポンサードリンク



聖書の話でも特に有名なノアの方舟の物語。


予告編で


「ん?」


と思うシーンもあったので


期待と不安を胸に


映画館へ。





全体の感想としては


自分の中で賛否両論真っぷたつ


って感じでした。


良くも悪くも


期待を裏切る作品
だと思うのですが


中途半端に裏切った感じ
なんですよね。


聖書の物語どおり書くなら
そのまま描いてほしいし


変えるなら徹底的に
変えてほしかったなと。


スポンサードリンク



ラッセルクロウは
大好きな役者の一人ですが


少なくとも
この作品が描こうとしているノアは
こわいぐらい演じきっていたと思います。


実際こわかったw


途中から完全に


殺人者になってましたからね。


ハーマイオニーが
出産しそうになって


その横で


生まれて来た子を
殺そうとするノアは


マジこわかったです。


最後に


ハーマイオニーですが


彼女の実力は
すごいなって思いました。


まだ経験していない
出産シーン


そして


生まれて来た子が
助かった時の
迫真の演技。


これは感情を一気に
もっていかれます。


さらに


最後のシーンで


この作品の一番いいたかったことを
ノアに伝えるセリフ


どれをとっても
ピカイチでした。


作品中も


ハリーポッターの
ハーマイオニーを思い出したのは


最初に出てきた時だけ。


あとはのめり込めました。


その意味で


脱ハリーポッターできたんじゃないかなと
思います。


少なくともノアを観た人にとっては。


彼女の今後の作品
ちょっと楽しみになりました。


スポンサードリンク

nice!(1) 
共通テーマ:ニュース
広告スペース
Copyright © ちょっと気になる話題をチェック All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。